南東三階角部屋日記

三十代中盤女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

7月13日 二日続けて日記

f:id:nounaikaikaku:20190713225721j:image

金曜日。18:30退社。

 

帰りにスーパーに寄って、20パーセント引きの真アジの刺身を買って帰る。刺身ってけっこう高いから普段あまり買うことはないのだけれど、おいしいからたまには贅沢ってことで。

 

魚といえば、最近は「へんな魚おじさんの寝言」チャンネルを毎日見ている。

 

www.youtube.com

 

見るからに人が良さそうで、48歳なのにとてもかわいくて(見た目も性格もかわいいおじさんは希少!)、ひげの兄貴との掛け合いも面白くて、はまってしまった。

 

 

 

 

f:id:nounaikaikaku:20190713225754j:image

土曜日。腕時計のバンド部分が壊れた。

 

4年も使っているからガタがきたのだと思う。汚れも目立ってきたし寿命だったのだろう。毎日の仕事で使うものなので壊れたままだと困る。すぐさま時計屋さんでバンド交換。

 

 

f:id:nounaikaikaku:20190713225804j:image

今回も同じ系統の色味にした。気持ち赤っぽいブラウン。今度交換するときは濃いブラウンにしようと思う。

 

 

f:id:nounaikaikaku:20190713225732j:image

16:00頃夕飯を食べたらおなかが空いて、21時過ぎに再度晩御飯(晩酌)。いただき物のビールが残っているので消化。半分のんでよいよい。冷凍してあった魚は焼きすぎで皮がこげこげ。

 

 

f:id:nounaikaikaku:20190713225742j:image

さっぱりしたものも・・で冷やしトマト。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

7月7日 3日まとめて日記

f:id:nounaikaikaku:20190706151740j:image

■金曜日

疲れのピーク。寝不足でとにかく眠い、だるい。ここのところずっと胃腸の調子が悪く、来週の出張のことを考えて憂鬱になる。

 

 

■土曜日

仕事の日。同僚から引き継いだクライアントに嫌みを言われてイラッとした。電話を切ろうとした瞬間、「あ、ちょっと待って。28さんて、ありがとうございますという時、ありがとうございますーーって伸ばすよね。ちょっと気になったものでね。笑」。気遣っての一言ではないことはすぐに分かった。彼(50代前半くらいの男性)はパニックになると意味不明のことを言ったり人にケチを付けたりするのだ。前任者も彼から嫌みを言われたりキレられたりしたらしく、相当嫌っていた。

 

ちなみに彼は3月9日の日記で出てきた、若手を泣かせた人である。

 

nounaikaikaku.hatenablog.com

 

若手を泣かせたうえ、その上司を激怒させていた。すごい修羅場だった。私と一緒にこのクライアントを担当している同僚は彼の事を「無能だからね」とよく口にする。人を苛立たせる天才なのだと思う。この先、私が彼を好くことは絶対にないと思う日だった。

 

 

■日曜日

母と電話。父の様子を聞くと、また酒を飲み始めているらしい。そして、老後の話をしながら、死後のことについてを話し合う。母も私も、葬儀は不要、お墓も要らないという考えを持っている。そんな母も、義理の父母(私の祖父母)の墓は早急に建ててやりたいと言っていた。貯金がないから難しいという母。祖父母の為なら気持ち幾らかは出してあげてもいいかなと思ったけれど、できればお金は現存している人に使ってほしいと思い、母には「気持ちだけでいいよ。お墓は建てなくてもいいんじゃない?」と伝えた。私は故人を想う気持ちがあれば、有形物はなくてもいいと思っている。その場所に故人が眠っていること、それさえわかればいい。100万もお金を出して立派な墓を建てるより、母には今の生活を愛おしんで有意義な老後を送ってほしい。

 

 

さて、明日は出張なのに体調がいまいち優れないでいる。一日中吐き気でぐったり。こういう時に限って具合がわるくなるんだもの、やりきれない。

7月5日 ドタバタウィーク

f:id:nounaikaikaku:20190705225017j:image

う〜ん、毎日忙しい。。

 

来週は2日出張が入った。出張の翌日は長時間の客先打ち合わせも入っている。体力持つかしら。

 

今週、新規の引き合いがどかっと入ったので、今夏はかなり多忙になりそうだ。1日くらい「暇だなぁ」なんて言ってみたいものである。

7月3日 捻挫デー

今日は父方の祖父の命日。

 

もう22年が経つ。先日の日記にも書いたけれど、時の流れは本当に早い。

 

祖父の亡くなった日のことは今でもよく覚えている。午後の部活動の最中に先生に呼び出されて、おじいさんが危ないから帰宅しなさいと言われ。そのうち父が軽トラで学校まで迎えにきて、その後家族で病院に向かった。弟は登山の日で、山の頂上付近から急遽下山することになって。

 

命が尽きるその日、最期に祖父に会えて良かったと思っている。苦しくて目も開けられない祖父が、私たちの呼びかけで一瞬だけ目を開いてくれたことがとても嬉しかった。その数時間後に息を引き取り、77年の生涯を終えた。日中戦争のため徴兵され、歩兵として約2年間満州で戦った祖父の人生は、今思えばきっと波乱万丈だったろう。その一方で大勢の子供や孫に恵まれ幸せだったのではないかともおもう。

 

 

 

今夜は雨が降ってきたのでウォーキングはキャンセル。というより、今朝アパートの階段を踏み外して2、3段下に落ちてしまい両足首を捻挫したので痛くて歩けない。だから今日は大人しくしていようと思う。打ちどころが悪かったら死んでいたかもしれない。

 

もしかすると、まだ死ぬなとじいちゃんが助けてくれたのかもしれないなぁ。

7月1日 今年ももう半年過ぎちゃった

今日は定時で上がれる!

 

と思った矢先、終業10分前にクライアントから急ぎの見積もり3件お願い!と電話がかかってきて結局2時間の残業。この会社いつもこうなんだよねぇ。

 

同僚から引き継いで半年、慣れたと言えば慣れたけれども、もう少し余裕持って発注してほしいなぁ。

 

うーん、月曜日からしんどい。

 

 

帰宅後、ウォーキング45分。汗かいた。

 

6月28日

f:id:nounaikaikaku:20190628231910j:image

今日は父方の祖母の命日。

 

私が26の時に亡くなったから、もう9年が経つ。時の流れは早いが、祖母との思い出は今でも鮮明に残っていて、9年も経っているなんてまるで実感がない。優しい笑顔と朗らかな声、曲がった背中で畑を耕す姿、夏の夜に月見草を一緒に見てきれいだねなんておしゃべりしたことが、つい最近のことのように思える。

 

もし、人生で一度きり、ひとつだけ願い事が叶えられる魔法があったら、祖母と母方と父方の祖父に会いたいと願う。もう一度会えたら、一緒に散歩してお茶をしたい。

 

大好きな人がこの世にいないことは、本当にさみしい。