南東三階角部屋日記

三十代前半女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

3月20日

f:id:nounaikaikaku:20190321002114j:image

日が変わってからの帰宅。

 

経理部の部長から叱責を受けた。しかも人前で。トラブルの原因は他部署だけれど、営業窓口である私に全責任があると思ったらしい。おまけに、トラブルとは関係ない事でも指摘されたので、普段は怒らない私でも流石に頭にきてしまった。今はそれ関係ないでしょ。

 

営業は泥臭くて嫌なことを引き受けるものなんだと改めて思った。

 

辞めたいモードが90パーセントくらいに上昇中。

 

3月17日

f:id:nounaikaikaku:20190317211512j:image

父の見舞いに病院へ。元気そうだった。

 

ご飯も毎日三食食べているそうで、顔色もよく、呂律もまわっている。今回は二ヶ月程度の入院になるそう。

 

退院してからが本人、そして家族にとって本当に辛い日々になるので、入院生活は色々と不便だろうけれど、父にとっては救いの場所なのだとおもう。終わりの見えない苦しみは、たとえ娘のわたしであっても決して理解はできない。アルコール依存症の苦しみは、当の本人が一番わかっている。

 

 

さて、わたしと言えば、二週間ぶりの休日は体調不良でほぼ寝たきりでした。疲れからくるものだろうか。とにかく身体がだるい。明日から仕事なのに、ダメだこりゃ。

 

3月13日 虫の知らせ

f:id:nounaikaikaku:20190313212425j:image

父が緊急入院した。

 

今朝、母からの着信を見たとき、訃報の連絡かもしれないと覚悟した。全身を強張らせながら恐る恐る電話をかけ直す。

 

電話口の母の声は明るかったので、とっさに今回は大丈夫だと思った。話を聞くと、昨晩緊急入院したとのことだった。一日なにも食べず、震えや痴呆のような症状が出たらしい。アルコール依存症による禁断症状が疑われている。

 

不思議なのは朝方見た夢だ。父が死んで一週間経ったある日の光景を、わたしは夢の中で体験した。たんなる偶然だろうけれど奇妙だ。

 

その前の晩もこんなことがあった。会社で仕事をしていると、一匹のクモが天井からすうっと降りてきた。傘で潰そうとする上司を止め、可哀想だからと手で掴んで外に逃がしてやった。これもたんなる偶然なんだろうけれど、クモに遭遇した時間帯が、父が病院に向かった時間帯と同じなので、もしかしたら虫の知らせだったのかもしれない。本物の虫が知らせてくれたのだろうか。

3月11日

f:id:nounaikaikaku:20190311231941j:image

夕飯はバナナ。だんだんと手抜度が高まってゆく。

 

今日は11:00出社、22:30退社。やたらとメールが多い日だった。土日の残り疲れもピークで日中何度か気を失いそうになった。単に貧弱なのか、あるいは働きすぎなのか。月50時間は多い方なんだろうか。このくらい残業するのが当たり前になっていて、世の中の平均値がわからない。

 

今週が忙しさのピークだろうか。来週落ち着くことを願う。

3月10日

f:id:nounaikaikaku:20190310205038j:image

手抜きな夕飯。豆苗と卵の中華スープ、ほうれん草のバター炒め、トマト。

 

今日は7時間出勤。昨日の疲れもあってか、疲労困憊でアパートに戻った。明日からまた仕事なので今日は早くに寝よう。