読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南東三階角部屋日記

三十代前半女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

決着

f:id:nounaikaikaku:20160917175625j:image

私の心の中で、ひとつ決着がついた。

 

断捨離を進めていくなかで、どうしても捨てられないものがあった。前職のときの給与明細や誓約書等だ。

 

私は賃金未払い被害者である。給与・未精算経費合わせて、およそ165万円の未払いがあった。今考えると鳥肌が立つほど恐ろしい額だと思う。

 

前職の社長はお金にだらしがなく、私的流用していた。私はマメに仕事していたし勤務態度も良好で、会社にはずいぶんと貢献していた。会社が存続していたのは、ほとんど私の売り上げでもっていたようなものである。

 

退職の10カ月前から給与振り込みが遅延しはじめた。その時点で離職しなかったのには理由がある。ひとつは精神科に通っていた時期でまともな判断ができなかったこと。ふたつめは転職に対する極度の不安から「辞めます」となかなか言い出せずにいたからだ。ちなみに精神的にまいっていても、会社はほとんど休んでいない。

 

でもそれは、ある日突然ぷっつんと切れた。秋風が迫る10月初旬、私は電話で「辞めさせていただきます」と社長に言い放った。あの時の私は、さぞ鬼気迫る様子だったろう。自分でもあの時の感情をいまだに忘れてはいない。

 

それからは、弁護士に相談したり(無料相談)、労基に通ったりした。国の立て替え払い制度を申請し、半年後には約半額の88万円を取り返した。

 

心の奥底では、残額をまだ取り返せるのではないかと思っていたところがあり、支払い誓約書や給与明細などを保管し続けていた。でもよくよく考えてみたら、私は社長(今はもう社長ではないから○○さんでいいか)にはもう二度と会いたくないと思っているし、恐らく今の彼に支払い能力なんてないだろうから取り返せる保証はない。民事訴訟という手もあるが、弁護士を頼って自分の身銭を切っても相手が「払えません」と言えばそれまでだ。そのような状況で、この書類たちはなんの意味もなさない。なんならもう捨ててしまおう、今日ついに決意した。

 

思い切ってはさみを入れた。私はもう過去に足を引っ張られず、今を生きていこうと思う。あ~、さっぱりした!

 


f:id:nounaikaikaku:20160917175632j:image

午後はヨガマットの上でごろごろした。ストレッチしながらおやつ。そして昼寝。寝て起きたら、足にマットの凸凹型がついてしまった。


f:id:nounaikaikaku:20160917175642j:image

兄弟もヨガマットが気に入ったご様子で。昼寝はきもちいいねぇ。

 


f:id:nounaikaikaku:20160917185217j:image

 夕飯は、キムチ鍋にすいとん投入の簡素なもの。昨日の疲れが残っていて、どうも身体がだるい。ウォーキングは短めに20分。

 

おやすみなさい。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする