読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南東三階角部屋日記

三十代前半女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

11月17日 最強のこれから


20:50 退社。

 

三年半前、入社した当時の私の立ち位置は「新規営業する人」だった。会社として売上目標を持たず新規開拓を専属として行う営業マンを雇用するのは初の試みだったそうで、私は一応は期待の新人(中途だけど)として迎え入れられた。

 

自分を称賛するつもりはないけれど、事実私は新規開拓の成果を上げ、それまで一度も取引のなかった企業の口座を開設していった。その成果と実績を積み上げることができた背景に、新規だけをやる自由さと環境を与えてくれた会社のおかげであると思っている。もちろんそれだけでないことは私にもわかるけれどね。環境が整っていても新規取れない人は取れないから。

 

私の会社は9月決算で、新しい期は10月から始まる。前に日記でも書いたけれど、今期から私にもいよいよ売上目標がつき、新規開拓専門ではなくなってしまった。会社の営業方針・営業戦略として、営業部全員が新規開拓をする方向になったからだ。私の目標数値は部全体からしてみたら少額だけれど、既存客を持っていない私にはややハードルが高い。先輩の引継ぎがない中でいかにしてお客を増やすか、売上を上げるか、今とても苦労している。

 

そんな状況下であるけれど、いよいよ私にも大きな仕事が舞い込むようになってきた。その多くがいままで営業をかけていたところからの受注だから、今まで頑張って種まきしてきた努力が徐々に実を結んだろう。一度に一千万などといった案件はまだ取れていないけれど、1本300万クラスの仕事を受注できたときはとても嬉しい。

 

大きな案件の営業主担当として動くことにも慣れてきた。そして慣れたころに仕事は群れをなして舞い込んでくる。

 

12月はコンペやプロポーザルといった案件が多数あり、それらの主担当として動くことが決まった。12月でプレゼン2本。とはいってもプレゼンするのは他部署のひとだけど。でもそのうちの1本は私がプレゼンするかもしれないそうで・・・うれしい反面、不安感もある。まぁとにかくやってみよう。

 

今年は忙しさに拍車がかかり、いっときは会社を辞めたくて毎日悩み、苦しかった。今だって本音を言えば会社を辞めたい気持ちはあるし、残業はしたくないし、過大な責任を背負う仕事なんてほっぽりだしたいと思っている。仕事・会社に残っているのは仕方なしの部分が4割くらいを占めているのが現状だ。辞めないのは、喰う寝るところと住むところ欲しいから。すぐに転職できればいいけれど、就職難民になってしまったら元も子もないもの。実家には戻れないし、貯金だってあんまりないし、自分のことは自分で面倒みなくちゃならないからね。

 

そんな毎日を過ごしていたのだけれど、今日は仕事に対しての熱がすこしだけ顔を出した。12月は鬼の様の忙しさになることは明白だけど、それでも不思議と心の奥底で「もういちどやってやる」気持ちがじんわりと熱を帯び始めている。

 

最強はこれから、なのかもしれない。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村