読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南東三階角部屋日記

三十代前半女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

2016年を振り返る やってよかったこと & やめてよかったこと編

わたしについて

f:id:nounaikaikaku:20161221182314j:plain

今年やってよかったこと & やめてよかったこと編。

 

今年一年、昨年にも増してハードワークでした。帰宅時間も遅く、できることは限られている中で新たに挑戦したことなどを記します。まずはやってよかったこと。

 

■ウォーキング & 筋トレ

運動不足を解消するべく、春頃から歩くようになりました。川沿いをコースに設定し、一回あたり約45分のプランです。夏場は帰宅後、休日は朝歩きました。冬になって外に出るのが億劫になり最近は室内で筋トレだけですが、今日は思い切って日中歩きました。しんとした冷たい空気が澱んだ心と身体を浄化してくれる、そんな45分でした。

 

実際ウォーキングをはじめて改善されたことがあります。

 

①猫背解消(腕を振りながら歩くので肩甲骨部分がよく動き、下がり気味の肩が治ってきた)

②背筋が伸び姿勢がきれいになった(スーツの着こなしも良くなった)

③自信が持てるようになった(何をやっても継続できない私が運動を続けられたことで自信がつきました)

 

冬場どうやって外に出るかが課題ですが(ほとんどの場合、勢いで出ちゃえばできるのだけど)、歩く習慣は今後も継続していきたいです。

 

■飲み物を変えた

以前はジュースが大好きで、コンビニでよく買って飲んでいました。ですがジュースってけっこうな量の砂糖が使われてるのだと知って怖くなり、今は主に水や白湯などを飲んでいます。はじめのうちは味がなく物足りなかったのですが次第に慣れ、たまにジュースを飲んでみるとかなり甘く感じるほどになりました。会社にはウオーターサーバーがあるので無料で美味しい水(お湯)が飲めますし、自宅ではレモン白湯で気分をリフレッシュしています。

 

米麹の甘酒も飲み始めました。一ヶ月ほど続けていますが、甘酒のお陰かな?肌状態がとてもよくなりました。おすすめ。

 

■デート

好きな人とデートをしました。その彼とはすっかり連絡しなくなり、悲しくもフェードアウトとなってしまいましたが、男性と出掛けることで自信がつきました。

 

仕事はバリバリこなすし、車の運転だって好き。そんな私ですが、唯一、恋愛だけはどうも苦手意識が強く、思い切ったことができませんでした。片思いの末結局想いを告げられず、何度枕を涙で濡らしたことか。告白して撃沈も数知れず(涙)。そんな私が合コンに出向き、彼と出会ってから勇気を出して連絡をし(そこに行きつくまで一カ月かかった)、デートできたことが奇跡のように思えます。

 

結果はともかく、私にも男性をデートに誘うことができるんだという自信がついたことで、またひとつ成長しました。彼にはとても感謝しています。元気でやっているといいなぁ。

 

 

お次はやめてよかったこと。

 

睡眠導入剤

かつて精神疾患で苦しんだことがありました。昨年はそれが再発し、しばらく抗うつ剤を飲んでいました。当然夜も眠れず、慢性的な睡眠不足のため、抗うつ剤にプラスして睡眠導入剤も飲んでいました。今年に入ってからもしばらく不眠に悩んでいましたが、生活改善のお陰か薬の力に頼ることなく、今では自然入眠できるようになりました。さらには、うつ症状も自然消滅しました。本当の原因、諸悪の根源を見つけ出すことで、薬に頼ることなく病状回復できるのだと感じました。

 

ただしこれは私の症状が比較的軽く、重度のうつ病の方はやはり薬や医師の力が必要だとも思いますので、その旨ご承知おきください。

 

■お酒

昨年と比較するとほとんど飲まなくなりました。お酒がなくてもハッピーと言うか、別に飲んでも飲まなくてもいいじゃん、という割といい加減な考えです。

 

かつて会社の酒席で迷惑をかけてしまい、上司に呼び出されお説教をされた私は、思わず「一年間の禁酒宣言」をしてしまったことがあります。約束通り、一年間一滴も飲まなかったというたいそうなことをしましたが、今思えばあの期間「飲まないこと」を楽しんでいたように思います。そこまでやって反動(すごく飲みたくなるとか、飲酒回数が以前より増すとか)がでるかと危惧していましたが、逆に飲まなくても大丈夫な身体になりました。思わぬ副産物です。ちなみに一年間禁酒は人生で二度あります(ただし一度目は体調不良で飲まなかった)。

 

今では一カ月に1本、ほろよいを飲めればOKです。実に安上り。

 

■余計な買物

以前は給料が振り込まれればたくさんの物を買い漁っていました。服、本、CD、お菓子・・・ですが、どれも私の心を満たすものはなく、それどころか積みあがった物を見て辟易していました。使いきれていない自分に嫌気がさしたんです。

 

物では決して心の隙間を埋められない、そう気が付いた時にはすでに私は30歳。そしていい加減こんな生活はやめようと思いました。そこから少しづつ物を手放していきました。

 

今年は物を手放すことはもちろん、買わない生活にもフォーカスしました。あるものでやりくりし、無駄なものは買わない。欲しくなってもしばらく考える。ほとんどの場合、一週間も経てば欲しかった気持ちも冷めているもので、そのおかげか今年は部屋に物が増えることが少なくなりました。要・不要のジャッジがうまくできるようになったのだと思います。

 

 

 

今年一年振り返ってみて、削ぎ落とすものが多かった一年だなと思います。来年はさらに削ぎ落とし、もっと身軽になりたい。結局のところ、この身体が健康体であれば余計なものは要らないのだと思います。自分さえきちんと持っていれば、余計な飾り物は不要なのだと。

  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村