南東三階角部屋日記

三十代前半女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

1月14日 大寒波

f:id:nounaikaikaku:20170114201432j:image

大寒波襲来。

  

寒いよ、寒すぎるよ。信州人だからこれしきの寒さでへこたれるもんですかと頑張ってみたけれど無理でした。今日は暖房がんがんつけっぱなしにしてしまった。ガスエアコン高いんだよね、請求が怖いなぁ。。

 

今日は朝から腹痛地獄だった。今も痛い。頭もガンガンする。頭痛薬を飲んでも一向に治る気配はない。熱はないのでインフルエンザではないと思う。ただの風邪かな。

 

 

この一週間はネガティブウィークだった。今の私は昔の様に過去に縛られることはなくなったけれど、ひとたびネガティブ爆弾が爆発すると、しばらくは負の感情を引きずってしまう。情緒不安定になるのは生理前のPMSによるところも大きいけれど、生まれ持った性質が一番の原因ではないかと思う。私は子供時代から感受性が強かった。頭脳派ではなく感性型。数学はできなくても、国語や美術は得意だった。

 

それが災いして、精神疾患を患ったりもした。人に利用され、大損害を被ることも多かった。他人から見たら、私は不幸な人生を歩んでいるように見えるはずだ。このブログでは書けないトラウマになる出来事も20代の若さで経験した。あれはもう二度とごめんだけれどね。

 

振り返ってみると20代は暗黒時代だったと思う。まるでジェットコースターのような10年間だった。30代の今は自分自身もまわりの環境も落ち着いて、すごく平和な日常を送れているから幸せだ。青空を眺めるだけで幸せを感じる。ごはんが美味しくて笑みがこぼれる。平和すぎてときどき自分が溶けて無になってしまったように感じるときもあるけれど、今はこの平和だと思う気持ちを大切にしたい。

 

 

ずいぶんと話が飛躍してしまった。話を元に戻そう。ネガティブな感情は、そのすべてが悪ではないと思う。ネガティブに感じるってことは自分のなかの何かが歪んでいるってことだから、感情と向き合うことでその原因を見つけたり紐解いたりできる。私は何に怯えているんだろう、何を不快に感じるんだろう。それらを取り除くにはどうすればいいのかな。自己と対話をすることで、生臭くて黒黒した感情が徐々に浄化されてゆく。

 

苦しいけれど、この厄介なネガティブ感情としばらく向き合ってみるかな。緑が芽吹く春にはその澱んだ心が浄化され、澄んだ小川のように透明度が増していればいいなと思う。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする