読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南東三階角部屋日記

三十代前半女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

1月22日 生活音

日常

 一日、強風が吹き荒れていた。

 

ポストに不動産管理会社から入居者への通知が投函されていた。生活音や騒音を立てないよう、注意を促す内容だった。恐らく、入居者の誰かがクレームを出したのだろう。

 

アパートでの音問題は、正直しょうがないものだと思う。むしろつきものである。誰の目からみてもクレームに値するものであれば適切な処置が必要だけれど、生活するうえで仕方なく出てしまった音に対しては「しょうがないよね」と寛容な心で受け止めたい。まぁ悪気がなくてもそれがあまりにも頻繁にあるようなら考え物だけどね。

 

通知が届いて、私が出すうるさい生活音ってなにかなと考えてみた。思い当たることと言えば、夜に回す洗濯機(帰宅時間が遅いのでしょうがないですよね?)や物を落としてしまった時の音、出勤&帰宅時のヒールの音くらいだろうか。

 

普段はテレビは見ないけれどPCで動画を観ているので音は出ている。音量には気を付けているから、うるさいってことはないだろう。部屋を歩く足音はどうだろうか。足音には十分に気を付けているのでたぶん大丈夫だと思うけれど・・・わかんないね。

 

世の中には音に過剰に反応してしまう人もいるから、音に対する我慢数値の限度なんて千差万別だし、あったとしてもアテにはならない。全然気にならない人もいるし、ちょっとした音でも不快に思う人はいるしね。私もかつては音に過敏だったけれど、心に余裕ができた今はほとんど気にすることがなくなった。でもそこが落とし穴。自分が気にならないからと慢心が祟ると、人を不快にさせる音を出す可能性があるわけで・・・常に周囲に気を配るのは疲れるけれど、配慮を忘れないことは大事だね。

 

 

それにしても、クレーマーはいったいどの住人なんだろう。意外と最近引っ越してきたばかりのお隣の女子学生さんかも(この部屋からは生活音という生活音がまったく聞こえない不思議)。。あるいは階下のおねえさんとか。。

 

たまにニュースで流れる、近隣住人によるトラブルや殺傷事件を見ると怖くなります。気を付けるに越したことはないね。

 

 

 

www.youtube.com

 

「ターンライト・ターンレフト」。アパートのお隣さん同士なのに、すれ違いばかり。

こういうシチュエーションは憧れるけれど、憧れ止まりなのが現実なんだよねぇ。。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする