南東三階角部屋日記

三十代前半女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

1月29日 生活するということ

f:id:nounaikaikaku:20170129200149j:image

8:55 二度目の起床。

 

一度目の起床はたぶん七時前だったと思う。太陽はすでに東の空からその姿を現してはいたけれど、二度寝の誘惑に負けた。ぬるくなった湯たんぽを両足ですりすりしながら、日中天日干しした布団をぐいと引っ張り上げ、顔全体を布団で覆った。気持ちいい、この上なく幸せな時間。これが平日だったらこんな幸福感は味わえない。休日の特権。

 

前日のだるさと頭痛は消え去っていた。おそらくインフルエンザではなかったのだろう。一晩たっぷりと睡眠をとったおかげか体調は挽回していた。

 

簡単な部屋掃除と洗濯をし、軽い朝食をとり、金曜の夜にTSUTAYAで借りてきた映画を見た。ターンレフト・ターンライト。久々に観たくなったのだ。この映画のジャンルって、一応コメディなんだね。シリアス版でリメイクしたら、それはそれで良い映画になりそうな気がする。

 

昼食、コチュジャンと豆腐でよくわからない料理を作る。ネットで拾ってきたレシピで味はまあまあだけれど、とにかく見た目が酷かった。単に作り手の技量不足。

 

15:00 美容院へ。前髪の長さはキープしつつ、サイドと後ろを短めに切った。やっぱり私はショートヘアがよく似合う。たぶん一生ロングヘアにはしないと思う。

 

16:00 ドラッグストアとスーパーで買い物。

 

 

 

 

以前、会社の人に私のプライベートが謎すぎると言われたことがある。社内で、オフの日の私の姿が気になるのだと噂の的になったらしい。他部署の同僚と休憩時間に一緒になった際、休日はなにしてるの?と質問されたときは「掃除、洗濯、食材の買い出ししてます」と答えた。ついでに「車の運転が好きなので車を転がしてますよ」と答えたときは少しだけ引かれた。車の運転なんて田舎じゃ日常茶飯事じゃん、なんで引くのよ?と思った。

 

 

世の中には多趣味でアクティブな人がいて、休日はここぞとばかりに外出を楽しんだり趣味を満喫したり毎週友人とパーティーをする人がいる。でも私は残念ながらそっち側の人間ではない。ひとりを好み、たまに性格の合う知人友人とお茶をするくらいで、基本はひとりの時間を好きなように過ごす。ひとりだからといって孤独ではないし、寂しさや不安もない。

 

生活にメリハリをつけるため、趣味を持つことは悪くないと思う。最近、まるで趣味のない私はなにか趣味でも手にしようと考えている。だけれど、これといってやりたいことも特別興味のあることもない。あっても読書や映画鑑賞といったインドアなもの。そして、結局行きつく先は「掃除・洗濯・料理」になってしまうのだ。

 

結論を言ってしまえば、私が趣味にしていることはそういうもの。人によってはそれらは趣味ではないと言うだろうが、辞書にも「専門としてでなく、楽しみとして愛好する事柄。」とあるのだから、私にとって掃除・洗濯・料理は趣味なのだ。胸を張って言い切れる。義務のように感じたら、きっと趣味ではなくなる。幸い、今のところ義務だと感じてはいない。

 

掃除をしなくたって生活はできるし、自宅で洗濯をしなくてもクリーニングに出せば事足りるし、料理だってアウトソーシングできる。便利で生きやすい世の中だと思う。これだけ情報が行き来しているご時世だ、趣味にできることだって簡単に見つかる。

 

だけど、生きるための基盤となる環境は、できうる限り自分自身で整えたい。頼るところは頼るけれど、自らの足で立って生きるためには、自身の生活力、生きる力を上げる必要があるのではないかと考える。

 

趣味にすることもPCの画面越しではなく、自らの身体で感じ取っていいなと思うものを趣味にしたい。

 

だから私は今日も床を雑巾で拭いて、汚れた衣類を洗い、生命の維持活動をするためにごはんをつくる。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村