南東三階角部屋日記

三十代前半女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

11月5日 ちいさな親孝行

実家に帰った。

 

まずは近所を散歩。天気がよくて清々しい。山の木々は紅葉で染まり、すっかり秋の顔になっていた。ひと気のないところまで足を運ぶ。風はひんやりと冷たかったものの太陽の暖かさでちっとも寒く感じない。

 

風が鳴らす木の葉がこすれる音や鳥たちのさえずりを聞いていると、心が浄化されていく。私が欲しがっていたものがここにはある。

 

 

 

お昼を食べながら噂の東京マガジン「やってTRY」を母とふたりで観る。今日は茶碗蒸し。母はこの番組のこのコーナーが好きらしく、日曜日に帰るといつも観ている。「ちゃんとできなかった人」の多くは、茶碗蒸しに豆腐を混ぜ入れていた。

 

 

午後はうさぎのゲージ掃除と畑仕事を。父がたまねぎの苗を買ってきたので一緒に植えた。「玉ねぎなんか植えないでよ」と母に怒られ、ひとりで植えようとしていた父を見て見ぬ振りができなかった。いくらアルコール依存症でわけのわからないことをやっていようと、ひとりでしょんぼりしている父は可哀そうだ。

 

畑を耕す。黒いシートを張る。穴をあける。苗を植える。久々の畑仕事は疲れる。食べ物を育てるのって大変なんだなぁ。

 

 

案の定、父の畑仕事ぶりはダメダメだった。そんな父の姿を見ていた隣家のご夫婦がやってきて、苗植えを手伝ってくれた。おじさんは軽快な口調で父のダメ出しをしながらも、もくもくと作業をする。はじめはお節介でちょっといやだなと思ったが、次第にご夫婦のやさしさが身に染みてきた。

 

 

玉ねぎが無事に成長するかはさておき、家の事を手伝えてよかった。夕方、母の肩もみをしてからアパートに帰った。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村