南東三階角部屋日記

三十代中盤女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

8月2日

f:id:nounaikaikaku:20220802224127j:image

定時上がり。夕飯はトマトラーメン。

 

ウサギの死から一週間以上経ったがいまだに寂しさが抜けず、写真を見返しては心臓がぎゅっと痛くなる。ウサギの匂いをすんすん吸うこともできないし、もふもふした毛に顔を埋めることももう叶わない。世の中にウサギはたくさんいるが、やっぱりチャーミングでおっとりした彼でないと満足しない。悲しい。

 

 


f:id:nounaikaikaku:20220802224115j:image

と、暗い話題ばかりでは寂しいので今日はドラマのことを書く。今期も面白いドラマは目白押しだが(お気に入りは、初恋の悪魔、競争の番人、石子と羽男、魔法のリノベ、テッパチ!)、中でも超超超お気に入りなのは「量産型リコ –プラモ女子の人生組み立て記–」だ。

 

オール3を好むいわゆる普通〜の量産タイプ(と呼ばれる)の女の子が、ある日模型店でプラモデルに出会い人生を見つめなおす・・というドラマ(すごいざっくりした説明で申し訳ない)。このドラマの良いところは主人公のリコだけにフォーカスするのではなく、リコの周りの人たちもプラモデルを通じて人生を振り返ったり見つめ直したりするところ。決して派手な演出ではないけれど、キャラクターそれぞれの個性や時にコンプレック・苦悩といった側面も丁寧に描かれていて、どこか親しみを感じてしまう。

 

 


f:id:nounaikaikaku:20220802224118j:image

とりわけて第5話のミニ四駆回は良かったな。「お耳」出演の営業部のエース(別名ヘタレ王子)の中島歩が出ているって、なんだかお耳の世界と繋がっている気がしてそれだけでグッとくる。このドラマでもやはりエース感が出ているが、今回は隠れたオタクぽさが良い味出してた。リコとミニ四駆改造しているシーンは何度見てもキュンキュンする。

 

 

 

f:id:nounaikaikaku:20220802224111j:image

リコ役の与田祐希も可愛いんだ。感情なさそうな役どころだけど、淡々としてる割には時々熱い気持ちが滲み出ることがあって、そこもまたキュン度が高い。

 

 


f:id:nounaikaikaku:20220802224122j:image

大人の青春回に、思わずほろりと。お耳の銀だこ回に負けず劣らずの名シーンがドラマ終盤にありました。

 

ちなみにミニ四駆は小学生時代に弟が持っていたものを使ってちょっとだけ遊んだことがあります。コロコロコミック連載のレッツ&ゴー!はお兄ちゃんの烈派でした。今思えばなんで烈派だったんだろ。