読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南東三階角部屋日記

三十代前半女性のひとり暮らし日記です。記録としての投稿がメイン。

12月25日 くりぼっち二日目

f:id:nounaikaikaku:20161225165755j:image

クリスマスなんて、ぼっちの私には関係のない日。

 

そうはいっても昨晩は人肌恋しかった。ベッドの中でちょっと悶々とした。想い出のラブソングを聴いて涙がこぼれた。

 

翌朝、気持ちをリセットするため掃除と洗濯。こころなしか心が軽やかになった。

 

 

午後はホームセンターへ出向いた。人で賑わう洋服売り場やデパートに行くよりも、実用的なものを見て回るのが好きになった。特に資材コーナーは私の大好きな空間。大工の娘の血だろうか、今の私にはぜったいに必要がないのに、パーツ売り場や塗料コーナーでわくわくうきうきしていた。素っ気なく、華美な装飾のされていない道具類。素敵だ。コマーシャル的な要素をほとんど感じない商品のほうが好きだし、好感がもてる。

 

私がコマーシャル的な商品をあまり好まなくなったのは、情報量の制限をしているからであろう。テレビは月に1回程度しかつけないし(先日観た真田丸は最終回だから観たのだけど、それも実に半年ぶりだった)、yahoo!ニュースも一日に一回チェックをするだけ。情報を完全にシャットアウトするのは社会人、また営業マンとしてはよくないので一応は読むけれど、それもななめ読み程度でしかない。

 

そのような環境にいるため、企業が流す「いいですよ、この商品!」というCMにほとんど接触しないので、広告に踊らされることがない(You Tube見ていたらCMは嫌でも流れるけれどね)。柔軟剤の良い香りも私には必要ないし、良い香りのするシャンプーも、飲むだけで激やせ!な怪しいサプリも不要だ(そもそも痩せ体質なので必要ない)。

 

話がかなり飛躍してしまったけれど、つまり私はまやかしの呪文(広告宣伝)に惑わされることなく、自分の感性に寄り添って生きているのだと思う。そんなことを田舎のホームセンターの資材売り場で考えていた。

 

帰りに本屋に立ち寄ろうと思ったら、100円ショップに様変わりしていた。

 

行きつけのスーパーで食材を買ってアパートに戻った。陽が落ちてキッチンが寒くなる前に夕飯の準備。

 


f:id:nounaikaikaku:20161225165803j:image

おいしくなあれ。またも昨日と同じメニュー。


f:id:nounaikaikaku:20161225165810j:image

白子ポン酢にしようとおもったのに生臭さが消えなかったので、仕方なく煮つけに。これはこれで満足だけど、ぷりっぷりの白子ポン酢が食べたかった。やっぱり新鮮なの買ってこないとだめだよね。あとは下処理をうまくするとか。

 


f:id:nounaikaikaku:20161225165819j:image

これは昼食。昨晩のスープにパスタ入れたもの。野菜よりパスタ率多め。おいしかった。

 

 
f:id:nounaikaikaku:20161225193418j:image

クリスマスなので、スーパーで出来合いのチキンを買った。ぼっち感半端ない。。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村